麒麟がくる第42話ネタバレ,あらすじ「離れゆく心」

このページは、NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」第42話のネタバレ,あらすじを吹き出し、会話形式でお伝えしています。

麒麟がくる41話のあらすじで、信長(染谷将太)が望んでいた安土城が完成しました。また、近衛前久(本郷奏多)を関白にしようと朝廷に働きかけます。

麒麟がくる動画を無料でみるならコチラ

 

麒麟がくる42話のあらすじは、天正6年に光秀の周りで事件がおきました。麒麟がくる42話のタイトルは「離れゆく心」です。

麒麟がくるネタバレ,あらすじ42

天正6年、毛利攻めの副将であった荒木村重(松角洋平)が突然、信長に反旗を翻しました。村重の子には、光秀の長女・岸(天野菜月)が嫁いでいました。

 

光秀は秀吉(佐々木蔵之介)とともに、荒木村重の説得を試みます。

秀吉
毛利方に寝返るとは、何事じゃ。

しかし、荒木は信長(染谷将太)が足利義昭を京から追い出したことがどうしても許せないと毛利方につく決意は揺るぎません。

そのため、細川藤孝(眞島秀和)に光秀が言います。

光秀
すべての争いが公方様につながっておる。このまま、放っておくわけにはいかぬ。公方様に会いにいく。
藤孝
それは・・・

そう決断した十兵衛は、将軍・足利義昭(滝藤賢一)に会いに行くことを決意します。光秀は、足利義昭と信長の関係改善があらゆる戦の出口になると考えたのです。

 

その後、光秀の次女・たまは細川藤孝(眞島秀和)の嫡男・忠興(望月歩)と祝言をあげ嫁ぎました。その後、義昭が滞在している備後に向かいました。

光秀が向かうと、義昭は鯛を釣る毎日を送っていました。

足利義昭
ここに来て座れ。いつ魚が釣れるかわからぬ。手が離せぬ。

鯛を釣る暮らしをしていた義昭は、光秀に一緒に釣りをさせながら言います。

光秀
公方様が京にお戻りになれば、諸国の武士も矛をおさめます。京にお戻りくださいませ。
足利義昭
そなた一人の京なら考える。されど、信長のいる京には戻らぬ。

 

そして、もう一度光秀が説得しますが荒木は説得に応じませんでした。そして、光秀の長女・岸が荒木家から戻ってきました。

光秀が足利義昭と会っていたことが信長(染谷将太)の耳に入ります。そして、信長は荒木に対して怒ります。

信長
女、子ども一人残らず焼き殺せ。
光秀
みな一つにつながった輪になっております。荒木とは争うより、話おうて解決するべきです。
信長
案ずるな。毛利は秀吉がおる。武田は家康にまかせる。

しかし、本願寺がうまくいっていないという、光秀に信長が怒ります。そして、戦が長引くなかで菊丸(岡村隆史)が家康(風間俊介)が光秀に会いたいと言っていると伝えます。

家康
三条さまより、こたびのことは光秀様に頼むように言われました。信長さまに嫡男・信康を殺すように言われました。今は、武田と闘うために手を携えておりますが、武田がなくなった後に我らがどうなるか。今の信長さまは味方を遠ざけております。あまりに理不尽を申されるので、己を貫くしかありませぬ。これには、三河の誇りがかかっております。

 

その後、光秀は信長と会います。

信長
毛利の水軍をぶち破ったやろ。本願寺の兵糧をたつことができた。
光秀
私も殿にお話がありまして。信康殿に不穏な動きがあり、家康殿に殺すように命じたとお伺いしました。さすがに、信康殿を殺すのはいかがなものか。
信長
わしは、家康を試しておるのだ。三河は、油断ならぬ。
光秀
それでは、三河が殿のことを恨みます。
信長
ついて参らねば、成敗するだけじゃ。そなたは、近頃妙な動きをしておる。わしに背を向けるか。帝に呼ばれて御所に参ったやろ。いかなることで、わしの頭越しにそなたを呼ぶのか。そこで、わしの話はでたのか?
光秀
御所でのことは、一切口外せぬようにと。
信長
わしが言えと頼んでもか?
光秀
ご容赦を。
信長
おのれ。もうせ。もうせ

激怒した信長は、光秀を殴る蹴るします。

信長
なぜじゃ、なぜこうなる?帝を変えよう。攘夷しよう。明日から、丹波平定に励め。1年以内に成し遂げよ。できなければ、わしにも考えがある。
光秀
殿。
信長
帰れ。帰れ。

こうして、十兵衛と信長の亀裂はますます深まるばかりでした。家に帰ると駒(門脇麦)が来ていました。光秀の額の傷を駒が手当てをします。

駒は、足利義明からの手紙を伝えます。足利義明は、十兵衛となら麒麟がくる世の中を作れるかもしれないと伝え聞きます。麒麟がくる42話のネタバレ,あらすじはここまで。麒麟がくる43話のネタバレ,あらすじにつづく

あなたにおススメのページ

本能寺の変の本当の黒幕/その真実とは?
麒麟がくる完結編(公式)はコチラ
麒麟がくる動画を無料でみるならコチラ
麒麟がくる43話のネタバレ,あらすじはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)