麒麟がくる第24話感想「死にとうない」

このページは、NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」第24話の感想をお伝えしています。麒麟がくるの感想を知りたいというあなたはご覧ください。

麒麟がくる24話のあらすじでは、足利義輝(向井理)が殺されて次の将軍の覚慶(滝藤賢一)を十兵衛(長谷川博己)が見るというストーリーでした。

 

義輝を殺したことで、十兵衛が怒って松永久秀(吉田鋼太郎)のところに行くというところも描かれていましたね。

また、駒(門脇麦)が始めた薬がとても繁盛して作るのが大変になっているところも描かれました。こちらも今後の展開が楽しみですね。

麒麟がくる24話の感想

麒麟がくる24話のあらすじは、世の中が動き始めた内容でしたね。足利義輝が殺されたことで、十兵衛は松永久秀のところに行きました。

十兵衛は怒っていましたが、あんな形で開き直って俺を撃てってされると殺すことはできないですよね。丸腰の相手を殺すとかってのは、この時代恥ずかしい。

 

本来なら約束を守らなかったので、松永久秀を殺してもいいのかなって思うのですが十兵衛にはそんな気持ちがあったのかなって思います。

しかし、松永久秀が将軍を武家の棟梁としてって言ったのは不思議な感じがしました。十兵衛が言うように、松永久秀とは真逆の考えかと思いました。

 

それでも、覚慶を逃がしたことから思えばそれが本音なのかもしれませんね。また、見ていてずっと思うのは朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)は卑怯だなって思いました。

十兵衛に覚慶を見させておいて、それでいて将軍を招こうと思うって・・・朝倉義景がそういうと、十兵衛は答えにくいですよね。はっきりと言いましたけど。

麒麟がくる24話のMVP

麒麟がくる24話のあらすじの中で、特に印象に残ったのは松永久秀。足利義輝の弟である覚慶。薬をいっぱい作っていた駒と東庵。

将軍を覚慶ではない四国の者を推挙した関白・近衛前久(本郷奏多)といったところが主な登場人物で、目立っていましたね。

 

この中で、私がMVPに選ぶのは覚慶を演じた滝藤賢一さんです。次期・将軍であるにもかかわらず「死にとうない」って言葉は、とても印象的でした。

仏門に入っているため、戦のような争いごとは嫌いなんでしょうね。だから、死にとうないという言葉が出るんだと思います。

 

でも、十兵衛からするとその言葉は微妙ですよね。武家の棟梁が死にとうないというのは、どうなのか。そう思ったのだと思います。

だから、朝倉義景に「あのお方はいかがと存じます」と答えました。十兵衛からすると、どうしても義輝と比較してしまう。義輝と比較したら、将軍らしくない。

 

その言葉が印象的だったので、麒麟がくる24話のMVPは覚慶演じる滝藤賢一さんを選出します。松永久秀を演じる吉田鋼太郎さんと迷ったんですけどね。

松永久秀が十兵衛に、撃てっていったのも同じぐらいインパクトがあったのですが今後のストーリーを考えて今回は覚慶を選出しました。

 

三好に先を越されてしまった将軍。今後どのようになるのか注目ですね。また、駒と東庵の薬がどうなっていくのか注目したいと思います。麒麟がくる25話のあらすじにつづく。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です