麒麟がくる第25話感想「信長の貫禄」

このページは、NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」第25話の感想をお伝えしています。麒麟がくる第25話の感想をみたいというあなたはご覧ください。

麒麟がくる第25話のあらすじでは、信長(染谷将太)が美濃を平定しました。そのため、十兵衛(長谷川博己)の母・牧(石川さゆり)は美濃に帰りました。

 

十兵衛は、信長に家臣になるように誘われますが義輝(向井理)を死なせてしまったという思いが強く、信長の誘いを断ります。

ただ十兵衛が今後、戦国の表舞台に復帰しそうな予感がしましたね。越前から美濃へ移動しそうな気がします。今後が楽しみですね。麒麟がくる第25話のタイトルは「信長の貫禄」です。

麒麟がくる25話の感想

麒麟がくる第25話は、美濃が信長の手により平定されいよいよ明智家も戻ることが可能になりました。十兵衛もそろそろっていうところですね。

でも、年齢が上になれば自分の住んだ慣れ親しんだ場所に帰りたいって気持ちがあるんだと思います。牧が十兵衛にお礼を言うシーンはとてもよかったです。

 

親子の信頼関係があって、素敵だなと思いました。ちょっと、ホロっと泣いてしまいそうになりました。また、信長はちょっと貫禄でてきましたね。

最初の頃は、うつけという感じが出ていましたが、今の信長は戦で勝って自信がついたのかもしれません。かなり大物になった印象を受けました。

 

でも、十兵衛は不思議な人物ですよね。義輝もそうでしたが、信長も十兵衛には誰にも言わないような本音を話していました。今後どうすればいいかわからない。

周りは敵だらけ。そんな時に、十兵衛に聞くというのはよほど信頼されている証ですよね。もちろん、家臣ではないから聞けるってところもあるとは思いますが。

 

十兵衛には、相手の懐に飛び込むのが上手なところがありますね。そこが十兵衛の魅力で信長も家臣にしたかったのかなっておもいました。

あと、駒(門脇麦)は大丈夫かなって思いました。なんか、薬でトラブルに巻き込まれなければいいのですが、あの子どもがいうことも一理あります。

 

駒は、悩んでいましたが東庵(堺正章)は誰も間違っていないし、それでいいとアドバイスしていましたね。東庵は、最初からこうなることがわかっていたのかもしれません。

駒の方がどのように展開されていくのか。十兵衛たちとどのようにつながっていくのか、そのサブストーリーも気になります。

麒麟がくる25話のMVP

麒麟がくる第25話のあらすじは、比較的落ち着いた内容でした。信長がかなり力をつけてきたなっていう印象です。そして、覚慶が将軍になる覚悟を決めていました。

ただ、上洛を予定しておった朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)は頼りになりそうもないなという印象でした。ちゅうたろうって・・・あんな大勢で探すかな。

 

25話はかなりあちこちに話が飛びましたが、もっとも印象に残ったのは信長を演じる染谷将太さんですね。もう、すっかりうつけではなくなっていたのがとても印象的でした。

そんな信長に、本気で相談される十兵衛はなにか人を引き付けるものがあるんでしょうね。覚慶も十兵衛のことを頼りにしていました。

 

麒麟がくるを見ていてずっと思ったことは、明智光秀という人物は平和主義であるということです。世の中の平和を願っているから将軍を大事に大きな国をつくることを目指している。

そのためにどうすればいいのかをずっと考えている人物なんだろうなって思います。もちろん、史実はどうなのかはっきりとはわかりません。

 

しかし、今回の麒麟がくるのメインテーマはそこにあるんだなって改めて思いました。コロナの関係でしばらく忘れていましたが十兵衛はすごくかっこいいですね。

今後、こんな十兵衛がなぜ信長を討とうとするのか。そこがどうしても気になりますね。麒麟がくる25話の感想はここまで。麒麟がくる26話のあらすじにつづく。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です