麒麟がくる第23話感想「義輝暗殺計画」

このページは、NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」の第23話の感想をお伝えしています。新型コロナで再開して2話目になります。

麒麟がくる第23話のあらすじを振り返ると、織田信長(染谷将太)も戦に忙しく十兵衛(長谷川博己)は上洛させることができませんでした。

 

また、義輝(向井理)の暗殺計画があることを知り十兵衛は松永久秀(吉田鋼太郎)に会いに行きました。しかし、将軍を支えるはずの藤孝(眞島秀和)までもが諦めていました。

また、義輝自身も信長が上洛しなかったことで諦めていました。欲を言えば、もう少し早く再会したかったと十兵衛に本音を漏らしました。麒麟がくる23話の感想のタイトルは「義輝暗殺計画」です。

麒麟がくる23話の感想

麒麟がくるの23話は、ちょっと悲しくなるストーリーでしたね。十兵衛が頑張っても信長を連れてくることもできず、義輝の周りには誰もいなくなっていました。

その状況がなんとも寂しい感じでした。義輝のことを尊敬している十兵衛としては、すごくショックが大きかったと思います。

 

義輝もまた、十兵衛のように腹を割って話せる側近が欲しかったかもしれません。もちろん、側近にいなかったから相談できたのかもしれませんけど。

でも、将軍のあんな姿を十兵衛は見たくなかったかもしれませんね。そして、自分の力のなさを恥じたかもしれません。あれだけ織田信長を連れてくるといったにもかかわらずできなかった。

 

義輝の役に立ちたい。でも、まったく役に立つことができなかった。そのことがショックだったのかもしれません。また、駒(門脇麦)は東庵(堺正章)のところに戻ってよかったですね。

喧嘩別れしていたので、どうなることかと思いましたが・・・東庵が怪我していたから、駒は心配して入ることができました。

 

しかし、伊呂波太夫(尾野真千子)はすごいですね。薬草をお金にしちゃうんですから。それぐらいの商才を東庵にも持ってもらいたいですよね。

しかも、太夫は上手に東庵に売ることを認めさせるのですから。盗賊の被害にあって、お金がないのをわかってうまくもっていきますよね。

麒麟がくる23話のMVP

麒麟がくる23話のMVPは、あの悲しい目をした足利義輝(向井理)ですね。万策尽きたというあの表情の義輝が23話ではMVPだと思います。

他にも、駒が東庵のところに戻ったり前半の方では、木下藤吉郎(佐々木蔵之介)もすごく印象的だったんですけどね。

 

やがて、秀吉になる藤吉郎の初期の頃っていうのはちょっと突拍子もないところはありますが十兵衛とは対照的なところがあります。そんな印象を受けました。

落ち着いて、冷静に物事を判断する十兵衛に対し藤吉郎は、信長に気に入られるためにいろんなことを面白おかしく行います。しかも、すでに使えると思われているところがすごいですね。

 

印象的なシーンは、たくさんありましたが今回の最も印象的なのは義輝になります。あの哀愁漂う感じ。自分の命は、もう長くないと察知していたのだと思います。

そして、義輝は最後のところで襲撃されました。松永久秀は撃たないと約束していたにもかかわらずです。十兵衛は怒りそうですね。

 

しかし、13代将軍・足利義輝が周囲から求心力を失いあんな形で死んでいくのは、私は泣きそうになりました。もう少し周りがなんとかできなかったのかなって思います。

将軍を支える人の一人に十兵衛が入っていれば、異なった結果になったかもしれません。十兵衛は松永久秀に怒りそうな予感ですね。麒麟がくる24話のあらすじにつづく



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です