麒麟がくる第13話ネタバレ,あらすじ「帰蝶のはかりごと」

このページは、大人気のNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」第13話ネタバレ,あらすじを会話形式(吹き出し形式)でお伝えします。

麒麟がくる第12話のあらすじの最後に、美濃の守護・土岐頼芸(尾美としのり)が道三(本木雅弘)に毒を盛りました。そのため、道三の家臣が毒を飲んでしまい怒り狂う道三。

 

麒麟がくる第13話のあらすじは、十兵衛と煕子が祝言を上げるところから始まります。麒麟がくる第13話のタイトルは「帰蝶のはかりごと」です。

麒麟がくるネタバレ,あらすじ13話

天文12年の春。十兵衛と煕子は、祝言をあげました。明智家は、2人の祝言でお祝いムードに包まれていました。しかし、そのタイミングで道三(本木雅弘)が国衆を集めて頼芸と戦をするといいます。

国衆たちは、道三につくのか頼芸につくのか決めかねていました。頼芸と親しい高政(伊藤英明)はすぐに頼芸につくことを決め十兵衛を誘います。

高政
十兵衛、一緒に道三を倒そう。

しかし、十兵衛は回答に迷います。そして、部屋で考えこみます。道三は、見聞を広めるための旅に出してくれた。鉄砲についても学ばせてくれた。明智家も重用されている恩がある。

その一方で、織田と今川の戦の仲立ちをしてもらった際になんでも言うことを聞くからという約束で、将軍に文を書いてもらった。

ひろこ
大丈夫でしょうか?
気にすることないのよ。十兵衛は、昔から何かに夢中になるとほかのことは頭から消えてしまうのよ。

そして、出てきた十兵衛は何かを決意して稲葉山城に向かいました。十兵衛は、道三に目通しを願います。そして訴えかけました。

光秀
なぜ、頼芸殿と戦うのですか?多くの国衆が敵味方に別れ、殺し合うことになります。これでは、美濃は決して一つになりませぬ。

そう言って涙ぐむ十兵衛に対し、道三は言います。

道三
初めから戦などする気はない。尾張で、織田信秀が死んだ。これから先、なにが起きるかもわからない。そのため、国衆に喝を入れただけじゃ。
道三
十兵衛、おぬしは鉄砲を30揃えて、鉄砲の部隊を作れ。頼芸には、穏やかに美濃を出ていってもらうよう、手はすでにうってある。

そう言って笑います。その翌日、高政が怒ってやってきました。頼芸は、大事に飼っていた鷹20羽を殺されて、怖気づき近江に逃げかえっていたのです。

高政
真の父上を失った。

そう落胆する高政に対して、道三は嘲笑うように言いました。

道三
目の前にいる下賤な男こそが、そなたの父じゃ。これでは家督は譲れない。

そう言って、部屋を出ていきました。その頃、東庵(堺正章)と駒(門脇麦)は信秀の治療のために尾張に急ぎ向かいましたが到着したときにはすでに亡くなっていました。

そして、次の目的地である駿河に向かいました。東庵は、相変わらず金がない。戦の治療をただで行い、薬代を稼ごうと双六をして借金していく生活を続けているためです。

 

見かねた伊呂波太夫(尾野真千子)が救いの手を差し伸べてくれます。

伊呂波太夫
病弱な子どもを見てほしいという駿河の豪商がいるの。謝礼は、百貫出してもいいと言ってるの。

そう言って患者を紹介してくれます。駒は、本当は尾張の後に美濃に行って、火事の中で助けてくれたのが誰か特定する予定だった。しかし、十兵衛が結婚したことを帰蝶(川口春奈)から聞き気持ちがくじけました。

 

そのため、駿河の豪商のところに東庵と一緒にいくことになりました。

 

天正22年、信長の家臣・平手正秀(上杉祥三)が切腹しました。その理由はわかりません。今川だけでなく、織田家の中でも仕掛けてきていると感じた信長はひと時も気を抜けない日々を送っていました。

そのタイミングで、帰蝶が道三から来た手紙だと信長に渡しました。

道三
信秀が亡くなったので、家督を継いだ信長と会見がしたい。

手紙には、そのように書かれていました。信長は、手紙を見てしかめっ面をしました。

信長
会見としょうしておびきだし、殺す気ではないか。さすれば、領地が手に入る。美濃の蝮が考えそうなことだ。
帰蝶
断れば、和睦はなかったことになり、私も美濃に帰らなければならなくなりまする。

そう不安そうな顔をする帰蝶の手を信長は握りしめました。その晩、帰蝶は信長にたずねました。

帰蝶
旅芸人一座の伊呂波太夫は、戦の際にすぐに傭兵を集めると話していたのは本当ですか?
信長
ああ。
帰蝶
このまま、むざむざと父の思い通りになってたまるもんですか。

帰蝶の負けん気があらわれた瞬間でした。麒麟がくる第13話のネタバレ,あらすじはここまで。麒麟がくる第14話のネタバレ,あらすじにつづく。

あなたにおススメのページ

麒麟がくる第14話ネタバレ,あらすじ
麒麟がくる あらすじ,キャスト総まとめ!
麒麟がくる第12話のネタバレ,あらすじ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です