麒麟がくる第7話ネタバレ,あらすじ「帰蝶の願い」

NHKで大人気放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」第7話のネタバレ,あらすじを会話形式(吹き出し)でお伝えしています。大河ドラマが好き。麒麟がくるの今後が気になるあなたはご覧いただけたらと思います。

 

麒麟がくる第6話のあらすじで、明智十兵衛(長谷川博己)は松永久秀(吉田鋼太郎)や三好長慶(山路和弘)を狙う刺客と斬り合って、肩に大きなケガを負いました。

麒麟がくる第7話のあらすじは、十兵衛がなんとか死なずにすんだところから始まります。麒麟がくる第7話のタイトルは「帰蝶の願い」です。

麒麟がくるネタバレ,あらすじ7話



光秀は肩を斬られ大けがを負ったことで2日間生死をさまよいました。しかし、東庵(堺正章)と駒(門脇麦)の懸命の看病によって命をつなぐことができました。

その頃、美濃では斎藤道三(本木雅弘)が織田信秀(高橋克典)に奪われていた西美濃の大柿城を取り戻していました。信秀の敗因は、一族の決裂でした。

 

信秀が道三と戦をしている最中に、尾張の西にある清洲城の守護・織田彦五郎が信秀の城・古渡城を攻めてきたのです。そのため、信秀は急ぎ古渡城に戻ったのです。

そして信秀は、織田彦五郎、今川義元、斎藤道三の敵を同時に抱えているのはきつい。体調もよくないために斎藤道三と手を結ぶ選択したのです。

 

その頃、十兵衛は駒が付き添ってくれて美濃に帰ることができました。家に帰ってすぐに、牧(石川さゆり)に笑顔で出迎えられ十兵衛はほっとしました。そこに、帰蝶(川口春奈)がやってきました。

帰蝶
自分になにも言わず、館に帰るなんて他人行儀だぞ。

十兵衛が攻められますが、そこに牧が助け船をだしました。

京から駒も一緒についてきておりまして・・・

駒のことを気にいってる帰蝶は、すぐに奥にいる駒のところに行きました。

十兵衛、今すぐ叔父上のところに行くように。なにやら大事な話があるようです。
光秀
大事な話?わかりました。すぐに参ります。

隣にある光安(西村まさ彦)の館を訪ねると、十兵衛を呼び寄せ質問をします。

光安
殿が信秀と和睦したことは知ってるか?
光秀
はい。喜ばしいことです。

しかし、光安は浮かない顔をしていました。

光安
信秀が嫡男の嫁に帰蝶を欲しいと言ってきたのだ。帰蝶は、嫌じゃと言うて殿と口を聞かんでな。わしの方に説得するように話がきておる。

十兵衛は、嫌な予感がします。

光安
十兵衛は、いとこ同士で幼いころから仲がよかったよのう。帰蝶の気持ちを聞いてこれんか。

そう言って十兵衛に帰蝶の気持ちを探ってくるように命がでます。自分の館に戻った光秀は、どのように帰蝶に切り出そうか迷っていました。すると帰蝶からそのことに触れてきました。

帰蝶
一度目の結婚は父に従いなにもわからないまま、悲惨な最後を迎えた。まだ、1年前の話だ。

十兵衛は、帰蝶のはなしをしっかり聞きます。

帰蝶
幼いころ、十兵衛が泣き虫だったことを内緒にしてくれというから、誰にも言わなかった。今度は、十兵衛が尾張に行かなくていいよう守ってほしい。

帰蝶のお願いに、十兵衛は返す言葉がなかった。次の日、光安と十兵衛は稲葉山城に行きました。

光安
出過ぎたことを言うな、自分の意見は絶対に入れるな。

十兵衛は、そう念を押されました。そして、道三の前に2人でいきます。

道三
帰蝶を尾張にやることは正しいことかのお?
光安
和睦のためならやむえないかと思います。
道三
そちはどう思う?
光秀
和議は、互いの意思で破られることも多くあります。そうなると、まず斬られるのは人質の帰蝶姫です。それを考えると、和議を結ぶことが正しいのかわかりませぬ。
道三
そち以上に、父親のわしはつらいのじゃ。この和議にそれだけの価値があることをわかっているのか?
光秀
いえ、和議の値打ちをわかりかねているゆえ姫に納得してもらうのは無理なのです。私は説得できません。
道三
もう、お前には用はない。

道三はそう怒ります。十兵衛もカチンときてしまい

光秀
わかりました。

そう言って、立ち上がり城からでようとします。道三は怒り爪切りを投げつけます。ハラハラして、焦る光安に道三が言います。

道三
十兵衛を呼び戻せ。

光安は慌てて、十兵衛を連れ戻します。麒麟がくる第7話のネタバレ,あらすじはここまで。麒麟がくる第8話のネタバレ,あらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

麒麟がくる第8話ネタバレ,あらすじはコチラ
麒麟がくる ネタバレ,キャスト総まとめ!
麒麟がくる第6話のネタバレ,あらすじ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です