ひよっこ

ひよこ
このページは、2017年4月からスタ‐トするNHK朝の連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」についてみていきます。ひよっこの内容はどんなものなのか。

 

キャストには誰がいるのか。脚本家はどんなひとなのか。オープニング音楽は誰が唄うのか。そういったところを詳しくみていきたいと思います。

 

まず、この朝ドラ「ひよっこ」の時代背景は1964年(昭和39)年の東京オリンピックの頃の話になります。住んでいた場所は、茨城県の奥茨城村。主人公・谷田部みね子は17歳。家は農家です。

 

谷田部みね子は、高校卒業してすぐに自分の家の農家を継ぎ父と母の手伝いをしたいと考えています。しかし、家の借金のためにそうはいかない状況におかれてしまいます。

 

借金は、農作物が不作の時にしたものでそれを返済しようと父・谷田部実は東京に出稼ぎに向かいます。来年になると戻ってくるからといって出て行った実が家に帰ってこなかったのです。

 

そのため、みね子は自分が代わりに東京で働いて仕送りすると言い始めます。みね子は幼なじみと一緒に下町の町工場で働き始めます。しかし、東京オリンピックが終わった後の不景気に見舞われます。

 

その後、谷田部みね子はいったいどのような生活をしていくのか。そういった話になっています。なので、時代背景は東京オリンピック前からスタートして金の卵としてもてはやされた時代の東京の物語になります。

ひよっこの最終回までのネタバレ暴露はコチラ!

 

ひよっこのキャスト

 




ひよっこのキャストはとても豪華になっています。知っている名前がズラリと並んでいる。そんな印象を受けるあなたも多いかもしれません。まず、ヒロインで主演は有村架純さんです。

 

同じく朝ドラの「あまちゃん」で有名になった女優さんですね。もう人気も知名度もばっちりある女優さんなので、皆さんしっているのではないかなと思います。今回のヒロインについては、脚本の方の一本釣り。

 

いつも行われているような朝ドラヒロインオーディションといったものから選ばれたのではなく、脚本家の岡田惠和さんの希望で有村架純さんにオファーを出し決まったという流れになります。

 

個人的には、朝ドラは新人若しくはまだ無名に近い女優にヒロインしてほしいなって思いがあるのですが今回はそのような選び方になっています。また、杏さん、井上真央さん、吉高由里子さんのような流れにならなければいいのですが。

 

もちろん、今あげた人たちもすばらしい演技をしてくれてよかったんですけどね。どうしても、新人という初々しさみたいなのを個人的には求めてしまいます。そういった意味では今回の有村架純さんが選手されたのは少し残念です。

 

そんなヒロインが有村架純さんで、その父親役をするのが沢村一樹さんです。十津川警部などで有名な俳優の一人で、演技がとてもいいですよね。今回が朝ドラ初出演ということで期待されるキャストの一人になります。

 

朝ドラ独特のダメおやじになるのか。それとも、農業でまっすぐいくのか。その辺りがどんな感じで仕上がるのか。そこも楽しみなところです。NHKの連続テレビ小説ではダメ親父がいい味をだすことが多々あるので期待です。

 

母には、木村佳乃さんになります。真田丸でも幸村のお姉さんをしていたりするのでNHKの出演が増えていますよね。ちょっとおっちょこちょいのお母さんを演じてくれたりするのでしょうか。個人的には、お母さんのイメージが木村佳乃さんからは生まれない。

 

なので、そのギャップがどこか楽しみではあります。祖父は古谷一行さん。この辺りは安心してみれるといいますか、風格がありますのでどのように家族としての位置づけなのか楽しみですね。

 

あと一人、私が一押しなのが峯田和伸さんです。インディーズバンドだったころのゴーイングステディや銀杏ボーイズのボーカルとしての認識されている人もいると思います。最近は、ピンでいろんなドラマなどに出演していることが増えていますよね。

 

あのかすれた声がセクシーなんですよね。役は叔父になります。こちらはダメ男ではなく、優しいお兄さんのような存在です。野菜を届けてくれたりと谷田部家のことをなにかと気にかけてくれます。

 

各人のキャストの役どころとどんな俳優・女優が出演しているのかを一覧にまとめています。なので、全体を確認したい場合は下記からご覧くださいね。

ひよっこのキャスト一覧はコチラ!

 

脚本は岡田惠和のオリジナル

 



最近のNHKの朝の連続テレビ小説は、原作が多い中で今回の「ひよっこ」については岡田惠和さんが描くオリジナルストーリーになっています。「あさが来た」、「とと姉ちゃん」、「べっぴんさん」は原作がありモデルが存在した作品になっています。

 

そんな関係もあってか視聴率も高くとても人気があります。しかし、岡田惠和さんはオリジナルで「ひよっこ」を描きます。オリジナルの作品は「まれ」までさかのぼることになります。「まれ」は人気が低迷したのでそのあたりも払拭してほしいですね。

 

岡田惠和さん自身は、これまでにも朝ドラの脚本を手掛けています。多くの国民に愛された作品の「ちゅらさん」も岡田惠和さんの作品になります。私は、その頃からの朝ドラファンになりますので今回の「ひよっこ」には本当に期待しています。

 

「ちゅらさん」のあの笑い転げれるような面白さ。そういったものをまたみたいなって思います。「ちゅらさん」の後には、2011年に「おひさま」の脚本をつくっています。「おひさま」も井上真央さんが主演で人気になりましたよね。

 

なので、岡田惠和さんの作品は外れないんですよね。しかもオリジナルストーリーってのがいいんです。なので、今回の「ひよっこ」についても大きな期待がもてると思います。

 

ひよっこの音楽

すでに、ひよっこについては音楽も発表されています。峯田和伸さんが出演しているので、銀杏ボーイズかななんて淡い期待をしていたのですがそうはならないみたいです。今回の担当は宮川彬良さんになります。

 

「マツケンサンバⅡ」や「宇宙戦艦ヤマト2199」などの音楽を担当していた作曲家になります。自身で、作曲、指揮などをするコンサートが人気になります。最近は、AKB48「365日の紙飛行機」、宇多田ヒカル「花束を君に」。

 

そして、ミスチル「ヒカリノアトリエ」と20代~30代の人達を中心に人気のアーティストを起用してきましたが、「ひよっこ」につきましては朝ドラの正統派とでもいいましょうか。長年活躍している作曲家の宮川彬良さんになります。

 

なので、ストーリーもそうなのですがどこかおとなしめの感じになるのでしょうか。挿入歌でいいので、銀杏ボーイズの歌入れて欲しいなって希望は叶ったりするかな。そんなことを心の中で願っています。

 

ストーリーもキャストも豪華で、音楽もすでに決まっています。満を持して2017年4月からスタートするのが今から楽しみですね。

 

あなたにおススメのページ

ひよっこの最終回までのネタバレ暴露はコチラ!

ひよっこのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

べっぴんさん ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!